身近な花を より美しく  より華やかに ! ! !          

第31回  牡丹寺 の 牡丹  
最近多くなっている 花の寺 と称する寺へ、度々撮影に出かけております。 それぞれの寺で、梅・石楠花・躑躅・紫陽花・曼珠沙華そして秋の七草等々と、趣向を凝らし競い合っております。 

今回は、牡丹寺を3か所巡ってきました。 大慶寺(太田市)・龍真寺(桐生市)・宝徳寺(桐生市)です。 此処等は、当地では名の知られた牡丹寺です。 各々の寺で2~3時間ずつ、ジックリと楽しませて貰いました。 有難うございました。

牡丹は、流石に豪華で・綺麗で・妖艶な感じがして、圧倒されます。 更に撮影中は、境内に牡丹の芳香が漂い、穏やかな・リッチな・得したような気分になりました。

芳香をお伝え出来ないのが、残念です。 写真から、香り立つ牡丹の 風情 を、感じ取って戴ければ幸甚です。 芳香を感じ取るのは、無理とは思いますので、 風情 だけでも ~!~?~ 。


< 画像を 大きく 鮮明に ⇒ ⇒ 画像をクリックして 出てきた画像を もう一度クリックして下さい >
< 更に大きくするには ⇒ ⇒ ⇒ Ctrlキーを 押し乍ら +キーを 数回押して下さい >


#232
#232
C:E-P3 L:M4/3 60mmマクロ ISO:200 S:1/50  F:6.3 E:-1.0


#233
#233
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:78mm ISO:200 S:1/400 F:4.0 E:-0.7
一番左の花に ピント を合わせました。 邪道なのかな?
( 屏風絵の イメージ です )


#234
#234
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:215mm ISO:200 S:1/250 F:5.6 E:-1.0


#235
#235
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:81mm ISO:200 S:1/400 F:4.5 E:-1.0


#236
#236
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:179mm ISO:200 S:1/400 F:4.8 E:-0.3
( #233の部分です。 こちらのカットの方が好きです。 否、甲乙付け難し !!! 。 )

#237
#237
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:78mm ISO:200 S:1/4000 F:4.0 E:-1.3


#238
#238
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:141mm ISO:200 S:1/320 F:4.4 E:-0.3


#239
#239
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:300mm ISO:200 S:1/320 F:5.6 E:-0.3


#240
#240  「王者の貫禄」
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:114mm ISO:200 S:1/1600 F:4.2 E:-1.3


#241
#241
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:141mm ISO:200 S:1/160 F:4.5 E:+0.3


#242
#242  「風格」
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:92mm ISO:200 S:1/500 F:4.1 E:-0.3


#243
#243
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:215mm ISO:200 S:1/125 F:7.1 E:+0.3


#244
#244
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:96mm ISO:200 S:1/400 F:4.5 E:+0.7


#245
#245
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:141mm ISO:200 S:1/200 F:4.4 E:-0.3


#246
#246
C:E-P3 L:M4/3 60mmマクロ ISO:200 S:1/125  F:2.8 E:±0


#247
#247  「誘惑」
C:E-P3 L:4/3 70~300 l:133mm ISO:200 S:1/250 F:4.4 E:+1.0
これが、今回の一番のお気に入り。   手前味噌ですが ・・・・・・ 。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

はじめまして
いつも”keiの遊び部屋Blog”にご来室頂きありがとうございます。
銀塩から写真を撮られてるだけあって、花を撮りなれた感じでの
良いお写真を撮られてますね。
私も大慶寺・龍真寺・宝徳寺は毎年牡丹を撮りに行っております。
下界のボタンが終わり只今ドイツ村の上の方にある龍願寺の牡丹が見ごろで
只今”ぼたん祭り”の最中です(5月17日まで)。
とても良いところで、写真クラブ等の方も撮りに来ているようです。
もし お時間があったら出かけてみて下さい。
                                 kei
kei | URL | 2015/05/13/Wed 01:14 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 花 写 華 写 花 写. all rights reserved.